東京オリ・パラ

谷真海(まみ)の結婚や夫と子供は?プロフィールや戦歴も気になる【トライアスロン/東京パラリンピック2020】

 

king
king

こんにちは!
管理人の<KING>です♪

この記事に
たどり着いてくれて
ありがとう!

 

スポンサーリンク

 

今回は、東京パラリンピックで
トライアスロンに出場の
谷真海(たにまみ)さんについて
調べていこうと思います。

東京パラリンピック
トライアスロンの
谷真海さんはどんな人?
出典:https://prtimes.jp/

 

今回は、谷真海さんについて

結婚のこと
夫や子供のこと
プロフィール
これまでの戦歴

について調べていこうと思います。

 

一緒に確認していきましょう。
それでは、お楽しみに♪

 

東京パラリンピック出場の
この選手も気になる

中西麻耶の彼氏は?結婚してる?夫や子供は?プロフィールや戦歴も気になる【陸上走り幅跳び/東京パラリンピック2020】東京パラリンピックで陸上の走り幅跳びに出場する中西麻耶さんに彼氏はいるの?それとも結婚してる?夫や子供は?中西麻耶さんのプロフィールは?中西麻耶さんのこれまでの戦歴は?中西麻耶さんについていろいろ調べてみました。...

 

スポンサーリンク

谷真海(まみ)さんは結婚してる?夫や子供は?

それではさっそく、
東京パラリンピックで
トライアスロンに出場の
谷真海さんの結婚のこと、

 

そして、谷真海さんの夫や子供
ことについて確認していきましょう。

 

ズバリ、谷真海さんは
結婚されていますね。

 

ということで、
谷真海さんには夫も子供
いることが分かりました。

谷真海さんの夫と子供
出典:https://www.asahi.com/

 

実は、谷真海さんのSNSには
頻繁に子供の海杜(かいと)くん
登場されていました。
2021年の4月の誕生日で6歳に
なったようです。

 

谷真海さん譲りのスポーツが好きな
元気いっぱいの子供で、
生まれた時から谷真海さん
足がないことを見ているため、

 

当たり前のこととして、
朝起きた時に、
義足を持ってきてくれたりするなど
優しさも持ち合わせているようです。

 

また、の昭輝(あきてる)さんとは
パラリンピック東京招致の舞台裏で
出逢いました。

 

スタッフとして熱心に活動している
姿に心強さを感じたようです。

 

同年代で社会人歴も同じで、
お互いにリスペクトできる存在となり、
夫の昭輝さんと結婚することは
自然な流れだったようです。

 

の昭輝さんのお父さんがフレンチの
シェフということもあり、父譲りの
料理の腕前で、積極的に料理を作って
くれるそうです。

 

また、子供の海杜くんのお世話にも
協力的のようです。

 

アスリートと母親、会社員と多忙な
谷真海さんにとって、の昭輝さん
最高のパートナーですね。

 

また、谷真海さんの夫や子供についての
あらたな情報が入りましたら、
こちらでお伝えしていきますね。

 

以上、谷真海さんの結婚や夫や子供
についてのお話でした。

 

スポンサーリンク

谷真海(まみ)さんのプロフィールは?

それではここで、
東京パラリンピックで
トライアスロンに出場の
谷真海さんのプロフィールについて
確認していきましょう。

出典:https://prtimes.jp/

 

名前:谷真海(たにまみ)旧姓佐藤

出身地:宮城県気仙沼市

生年月日:1982年3月12日

所属:サントリーホールディングス

 

谷真海さん
「やんちゃガール」と呼ばれるくらい
とても元気いっぱいな幼少期を
過ごしていたようです。

 

小学校では水泳、
中学校からは陸上を始め、
仙台育英学園高等学校を経て、
早稲田大学商学部へ進学し、
応援部チアリーダーズに
入部しました。

 

東京での大学生活に慣れ、
チアリーダーズだけでなく、
勉強も頑張って将来の夢を
探そうとしていた大学2年生の秋に
人生を変える出来事が起こります。

 

右足首に痛みを感じるようになり、
時間と共に痛みは増していきました。
骨のがんである骨肉腫が発覚し、
大学3年の春、右足膝以下を
切断することになりました。

 

谷真海さんにとって、
スポーツは生きがいでした。
足を失うことでどう生きればいいのか
将来も見えなくなり、
絶望的になってしまいました。

 

しかし、主治医の先生から
義足が発達していて、
スポーツもできることを聞き、
谷真海さんにとって
一縷の望みとなりました。

 

術後退院し、
大学に復学した谷真海さんですが、
義足での生活に苦戦し、気持ちが
落ち込んでいくばかりでした。

 

そんなある時、
入院中の仲間の死をきっかけに
自問自答していく中で
何か目標を見つけたいと自ら
動き出しました。

 

谷真海さんは小さい頃から、
目標を達成するために努力する癖が
体に染みついていたので、
どんなスポーツにでも
挑戦してみたいと思い、
水泳を始めます。

 

水泳は、義足を外して行うので
歩行が不慣れでも泳げることができ、
またスポーツができることの喜びを
感じることができました。

 

そして、
限界を決めないでチャレンジする
という精神も高まり、
失敗を恐れなくなったそうです。

 

目標を持って練習し、大会にも出たい
という思いから走り幅跳びの大会に
出るようになりました。

 

そして、
パラリンピックの選考会にも
挑戦するようになり、
アテネ、北京、ロンドンと
3大会連続で出場しました。

 

そして、2013年に
東京オリンピク招致のスピーチでの
「真海スマイル」谷真海さん
代名詞になりました。

 

翌年の2014年には
東京オリンピック招致の時にスタッフ
として働いていた夫の昭輝さんと
結婚し、2015年に子供の海杜くんを
出産しました。

 

2016年に
結婚と出産を経験して、
「少しでも長く取り組める競技」として
種目を走り幅跳びからトライアスロン
変更しました。

 

そして選手名も
「佐藤真海」から「谷真海」
変更しました。

 

東京パラリンピックでは
開会式の選手団旗手を務め、
トライアスロンに変更してから
初めての出場になるので
目が離せませんね。

 

それでは次に、谷真海さんの
これまでの戦歴
確認していきましょう。

 

谷真海さんのほかにも、気になる
東京パラリンピックの選手まとめました

スポンサーリンク

谷真海(まみ)さんのこれまでの戦歴は?

それではここで、
東京パラリンピックに出場する
谷真海さんのこれまでの戦歴
見ていきましょう。

 

2004年の谷真海さんの主な戦歴

アテネパラリンピック走り幅跳び
(T44):9位

 

2008年の谷真海さんの主な戦歴

北京パラリンピック走り幅跳び
(T44):6位

 

2012年の谷真海さんの主な戦歴

ロンドンパラリンピック
走り幅跳び(T44):9位
自己新記録更新

 

2013年の谷真海さんの主な戦歴

ブラジルサンパウロ大会
日本新記録

国際パラリンピック委員会
世界選手権:銅メダル

 

2017年の谷真海さんの主な戦歴

パラトライアスロン世界選手権
ロッテルダム:優勝

パラトライアスロンの世界シリーズ
横浜大会女子(運動機能障害PTS4)
優勝

 

2018年の谷真海さんの主な戦歴

パラトライアスロン世界選手権
ゴールドコースト:3位

 

2021年の谷真海さんの主な戦歴

アジアトライアスロンパラ選手権(広島)
PTS4女子:優勝

ワールドトライアスロンパラシリーズ
(神奈川)PTS4:2位

出典:https://twitter.com/

 

東京パラリンピック出場の
この選手の戦歴も気になる

道下美里の伴走者(ガイドランナー)は誰?青山由佳のプロフィールや経歴も気になる【陸上女子マラソン/東京パラリンピック2020】東京パラリンピックの女子マラソンに出場の道下美里さんの伴走者(ガイドランナー)の青山由佳さんのプロフィールは?青山由佳さんのこれまでの経歴や戦歴は?青山由佳さんについていろいろ調べてみました。...

 

谷真海さんの
主な戦歴を見てみましたが、
2017年のパラトライアスロン
世界選手権では初出場で優勝という
素晴らしい成績をおさめています。

 

そして、世界選手権で
日本選手が優勝するというのは
初めての功績のようです。

 

ずっと出場していた走り幅跳びから
先のことを見据えてトライアスロン
変更するという決断も
容易ではなかったと思います。

 

様々なことを乗り越えて着実に
結果を残されていますね。

 

以上、東京パラリンピックに出場する
谷真海さんのこれまでの戦歴
についてのお話でした。

 

スポンサーリンク

谷真海(まみ)さんをいろいろ見てきて

今回は、
東京パラリンピックで
トライアスロンに出場の
谷真海さんについて
いろいろ調べてきました。

 

アスリートとして、
母親として、会社員として、
いくつものわらじを履く
谷真海さんはとてもカッコイイ女性
だということが分かりました。

 

生きていくためとはいえ
大学時代の青春真っ盛りの
若い女の子にとって、
片足を切断するということは
とても辛い選択だと思います。

 

しかし、谷真海さん
様々なことを乗り越えて
次々にチャレンジする姿勢や
インタビュー記事などでの言葉に
勇気づけられました。

 

谷真海さんにとって
4回目のパラリンピックで、
種目変更してからの出場は初めて
になるので、これまでの成果を
発揮していただきたいですね。

 

表彰台での「真海スマイル」
見れるのを楽しみにしています。

 

それでは、
今日も最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

スポンサーリンク