料理人・食べ物屋・お店

パラりまーすがオモウマい喫茶店ライフ(群馬県榛東村)の場所やアクセスは?メニューも気になる

 

king
king

こんにちは!
管理人の<KING>です♪

この記事に
たどり着いてくれて
ありがとう!

 

スポンサーリンク

 

今回はあの場所はどこ?
ということでいってみましょう。

 

今回のあの場所は、
2021年11月9日に放送の
オモウマい店に登場の喫茶店、
群馬県榛東村のライフです。

オモウマい喫茶店の場所は?
出典:https://www.youtube.com/

 

ライフの店主の
パラりまーす」が印象的だったので
今回調べてみることにしました。

ライフ店主の
「パラりまーす」が印象的
出典:https://www.youtube.com/

 

今回は、
このオモウマい喫茶店ライフ

場所
アクセス
メニュー

について調べていこうと思います。

 

一緒に確認していきましょう。
それでは、お楽しみに♪

 

テレビに登場のこのお店も気になる

https://www.gtpsa.org/rakuen-satoyama-takoyaki-yon-4042

 

スポンサーリンク

店主の「パラりまーす」がオモウマい喫茶店ライフの場所やアクセスは?【群馬県榛東村】

それではさっそく、
店主のパラりまーす」がオモウマい
群馬県榛東村の喫茶店
ライフの場所やアクセスについて
確認していきましょう。

 

まず、喫茶店ライフの住所ですが、
群馬県榛東村大字山子田になります。

 

喫茶店ライフの場所
地図で見てみるとこの場所です。

喫茶店ライフは榛名山の
東のふもとに位置しています。

 

かなり広域の地図に
していますので、
詳細を確認する場合は
地図を広げてくださいね。

 

喫茶店ライフへのアクセスですが、
車でのアクセスをおすすめします。

 

喫茶店ライフへのアクセス
関越自動車道が便利です。

 

下り(東京方面から)ですと、
駒寄スマートICが最寄りです。

 

駒寄スマートICから
およそ10分ライフ
到着することができます。

詳細を確認する場合は、
地図を広げてください。

 

また、上り(新潟方面)ですと、
渋川伊香保ICが最寄りになります。

 

渋川伊香保ICから、
およそ15分ライフ
到着することができます。

 

詳細を確認する場合は、
地図を広げてください。

 

あまりおすすめはしませんが、
公共交通機関でのアクセス
確認していきましょう。

 

喫茶店ライフ
最寄りというほどの最寄り駅が
ありませんので
近隣の大きめの駅から
バスでのアクセスになります。

 

バスでアクセスできる駅は
2つあります。

 

両毛線前橋駅
上越線群馬総社駅

 

両毛線前橋駅からは、西34榛東線
上野田四つ角ゆきに乗り
旧榛東村役場前で下車します。

 

群馬総社駅からの場合は、
バス停「立石」まで歩き(徒歩6分)
同じく、西34榛東線

 

上野田四つ角ゆきに乗り、
旧榛東村役場前で下車します。

 

旧榛東村役場前下車後
約1.6km、徒歩で約25分です。

 

山子田の交差点から
斜めの道をほぼまっすぐなので
分かりやすいですね。

詳細を確認する場合は
地図を広げてください。

 

注意したいのは
バスの時刻表を見ると
この旧榛東村役場前に停車する
上野田四つ角ゆき
1日に数本しか通っていません。

 

もし公共の交通機関で
ライフまでアクセスする場合は
行き帰りのバスの時間などを
確認してからにした方が
良さそうです。

 

ライフは群馬県を代表する観光地の
伊香保のすぐそばにあります。

 

伊香保温泉に遊びに行くときや
帰り道などに寄ってみるのも
良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

喫茶店ライフの敷地前には
このような看板がありますので
目印になりますね。

喫茶店ライフ
この看板が目印
出典:https://tabelog.com/

 

そして、
喫茶店ライフの外観
こんな感じです。

オモウマい喫茶店
ライフの外観
出典:https://tabelog.com/

 

特徴的な建物ですね。
ノスタルジックで
温かみのある雰囲気があります。

 

一度でもここを
通ったことのある人には
見覚えがあるかもしれません。

 

中はどんな雰囲気か
気になりますね。
喫茶店ライフの店内
こんな感じです。

オモウマい喫茶店
ライフの店内
出典:https://twitter.com/

 

決してきれいな店内
とは言えませんが、
逆に実家感があって
落ち着くかもしれませんね。

オモウマい喫茶店
ライフの店内のマンガ
出典:https://tabelog.com/

 

マンガがたくさん置いてあります。
ドライブの休憩に
コーヒーを飲みながら
マンガを読んでみたいものです。

 

オモウマい喫茶店
ライフの店内のストーブ
出典:https://twitter.com/

 

こんなストーブは今や
都会ではなかなか
お目にかかることはできません。

 

オモウマい喫茶店
ライフの営業時間
11:00~21:30になります。

定休日は木曜日です。

 

土日も営業していますから
少し遠方の方でもドライブがてら
立ち寄れそうですね。

 

このラーメン屋さんも気になる

https://www.gtpsa.org/hiraoka-hiroshi-labq-jounetsu-ni-3193

スポンサーリンク

群馬県榛東村のオモウマい喫茶店ライフのメニューは?

それではここで、
群馬県榛東村のオモウマい喫茶店
ライフのメニューについて
確認していきましょう。

喫茶店ライフ
お食事メニュー
出典:https://tabelog.com/

 

スパゲティやカレーなど
大人も子供も
大好きなメニューがズラリ。

 

この中から人気のメニュー
いくつか紹介していきましょう。

 

ナポリタン

昔ながらのスパゲティといえば
ナポリタン。

喫茶店ライフのメニュー
ナポリタン
出典:https://tabelog.com/

 

どうやらこちらは
店主イチオシのようです。

出典:https://twitter.com/

 

写真右下に
ナポリタンの看板が見えます。

 

文字通り
ライフの看板メニュー
いったところでしょうか。

 

一緒についているお味噌汁は
無料サービスです。

 

お味噌汁は
全お食事メニュー
サービスとして付いてきます。

 

野菜がたくさん入っていて
栄養バランスもいいですね。

 

ハンバーグカレー

喫茶店ライフのメニュー
ハンバーグカレー
出典:https://tabelog.com/

 

溢れんばかりのカレールー。
ボリュームたっぷりなのも
ライフの人気の秘訣です。

 

オムレツカレー

喫茶店ライフのメニュー
オムレツカレー
出典:https://tabelog.com/

 

一見、何??と思うこちらは
オムレツカレーです。
玉子の下にはたっぷりのカレーが
隠れています。

 

オモウマい店の番組にも
登場していましたね。

出典:https://www.youtube.com/

 

スポンサーリンク

生姜焼き丼

喫茶店ライフのメニュー
生姜焼き丼
出典:https://tabelog.com/

 

こちらも溢れ落ちそうですね。
大人の男性でも
お腹いっぱいになりそうです。

 

カレードリア

喫茶店ライフのメニュー
カレードリア
出典:https://tabelog.com/

 

なんとも食欲をそそる写真ですね。
ドリアといえば喫茶店の
食事メニューの定番という
イメージです。

 

これらのお食事メニュー
どれも500円からのお値段設定です。

 

+300円でサラダとドリンクが
つきますから
1000円あればお腹いっぱいに
なるわけです。

 

ではデザートには
どのようなメニュー
あるのでしょうか?

 

お食事メニューだけでなく
デザートだって充実しています。

 

ケーキセット

喫茶店ライフのメニュー
ケーキセット
出典:https://tabelog.com/

 

落ち着く空間で
マンガを読みながらついつい長居を
してしましそうですね。

 

アイスクリーム

喫茶店ライフのメニュー
アイスクリーム
出典:https://tabelog.com/

 

ある世代以上の方には懐かしい
このシロップ漬けのさくらんぼ。
ライフの店内の雰囲気
ピッタリです。

 

以上、群馬県榛東村の
オモウマい喫茶店ライフの
メニューのお話でした。

 

スポンサーリンク

オモウマい喫茶店ライフをいろいろ見てきて

今回は、
オモウマい店に登場の喫茶店、
群馬県榛東村のライフについて
いろいろ調べてきました。

 

喫茶店ライフ
ドライブ中のランチや
休憩のお客さんだけでなく
地元のお客さんも
足しげく通うそうです。

 

その理由は
「安い」「早い」「美味しい」
というのは勿論のこと
店主の人柄にもあるようです。

 

「マリオに似てる」
という口コミもありましたので
一層気になりますよね!

 

お子様連れのファミリーでも
カップルでも、おひとりでも
誰でも気軽に行ける喫茶店ライフ。

 

観光客にも地元の住民にも
そしてお財布にも優しい喫茶店が
群馬県榛東村にあるということが
わかりました。

 

それでは、
今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

スポンサーリンク